浮世絵とゴッホの関係


日本の浮世絵が西洋の巨匠に影響を及ぼしていたというのは意外な話ですが、当時の絵画の世界では一種のブームのようになっており、多かれ少なかれ感化を受けた画家は少なくありませんでした。

浮世絵に影響を受けた画家の1人としてゴッホがいます。「ひまわり」をはじめ、多くの名画を残した天才に、遠く異国の伝統が引き継がれていたのは不思議な感覚があります。もっとも、日本の伝統を西洋の芸術家が学んだといっても、インスピレーションを得るきっかけになったり、手法の一部を取り入れるといったことであり、必ずしも深く傾倒していたわけではありません。

しかし、現在のように情報が世界中で迅速に共有され、作品が国境を越えることが常識となっている世の中ならいざ知らず、ゴッホの生きた時代にも浮世絵がヨーロッパにまで届き、人々の関心を集めていたという事実は、日本人にとって誇りにしてもよいほどの出来事でしょう。

日本人ですら満足に鑑賞したことがない人が多い浮世絵ですが、海を越えて芸術家達の目に触れることによって、その価値を認識されることになったのかもしれません。そう考えてみると、ある意味で浮世絵を描いた画家も、時代が変わって見向きもされなくなり、不遇の時代を送っていたところ、海外でようやく正当な評価を得ることができたのかもしれません。

生前に評価を受けることのできなかったゴッホの人生と、どこか通じるところがある話ではないでしょうか。

パワハラを受け続けた落ちこぼれサラリーマンが、
ネットビジネスで海外移住まで果たした秘密とは?
自由を手に入れる意思のある方のみ、ご覧下さい